平成29年5月23日(火)

劇団しらかばが保育園に来て、人形劇鑑賞をしました。

2~5歳児と支援センターの親子がホールに集まり人形劇を楽しみました。

初めは「数のお話し」でした。

森の動物が集まりますが、自分を数えない為に人数が合わないという話です。

お話しが終わり、どうして人数が合わなかったのか質問されると、年長さんはきちんと答えていました。

「ヘンゼルとグレーテル」のお話しでは、照明やバックの変化に驚きの声をあげたり、魔女が出てくると、泣き出してしまう2歳児もいましたが、魔女が魔法をかけたり、ヘンゼルとグレーテルが魔女を倒す場面では、とても迫力があり、子どもたちも身を乗り出して観ていました。

最後に、劇団の方と記念撮影をし、劇の人形や劇団のお兄さん、お姉さんとタッチしてとても嬉しそうでした。