平成29年5月25日(木)

さくら組の年長さんが、沖館小学校まで歩いて行き、運動会の総練習を見て来ました。

子どもたちはとても楽しみにしていて、「お姉ちゃんいるかな?」や「保育園にいた○○くんいるかな?」とドキドキワクワクしていました。

9時10分に保育園を出発し、9時30分くらいに小学校へ着くと、総練習は始まっていて、ちょうど玉入れの競技をしていました。

玉がいっぱい入っていて、子どもたちは「すごい!!」と驚いていました。

リレーや、障害走でも、「やっぱり小学生って早いね!!」とびっくりしていました。

応援合戦では、子どもたちも一緒になって、手をたたいたり「オー!!」と掛け声をかけたりと園児たちも楽しんでいました。

小学校の総練習が、一旦休憩になった時に、校長先生に挨拶をして帰りました。挨拶の後にはみんな一人ずつハイタッチをして帰ってきました。

帰る途中、通り道にある森林博物館に寄り、ねむのき保育園の由来になった大きなねむのきを見たりし、その後は森林博物館の裏にある公園に行き、ブランコや鬼ごっこを楽しんでから保育園に帰ってきました。

7月には保育園の運動会も控えているので、子どもたちにとっては良い刺激になり練習に取り組くんでいけたら良いなと思いました。

 

平成29年4月25日(火)

森林博物館へお散歩に行きました。

目的は、

「きれいに咲いた桜を見に!!」

です。

年長児と年中児とペアになり、保育園を出発!!

行く途中でヒヤシンスやたんぽぽを見つけたり、年長児は「こっち歩くよ」「少し急ごう」など声掛けをする姿も見られました。

 

そして、森林博物館に到着。

「わぁ~桜咲いてる」「キレイだね~」と桜を見上げていました。

森林博物館の裏の公園にも背の低い桜の木があり間近で桜の花の色や形、つぼみ等を見ることが出来ました。

「また遊びに来ようね!!」と帰り道も楽しそうな子どもたちでした。

 

 

平成28年7月21日(木)

ねぶた祭りに参加する園児が、体力作りと歩く事に慣れる為にラッセランドまでさんぽに行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『ががしこ』をぶら下げて歩いていると、通行人の方に「ががしこを持ってる!!」と驚かれ、子ども達も得意気に歩いていました。

最近なかなかねぶた用品を売っている所でも見かけられなくなった、『ががしこ』ですが、ねむのき保育園ではねぶたの伝統的な衣装の道具の一つとして大事にしていきたいです。

そして、ラッセランドに着き、ねむのき保育園が参加している菱友会のねぶた小屋へ行き、色付けの作業の様子を隙間から見て、「わー!色塗ってる」「早く見たいね!!」と大興奮の子ども達でした。

たまたま台上げをしていた団体もいて見てきました。

これから、天気の良い日はどんどん外へ出て、ねぶたへ向けて体力作りをしていきたいと思います。