平成30年2月2日(金)

たんぽぽ組0・1・2歳児は、部屋で豆まきをしました。

はじめに、ペープサートで「心の中の鬼は外!」を見ました。

さる・ぶた・ねこの心の中にいる、好き嫌い鬼、怒りんぼ鬼、夜遅くまで起きて朝起きれない鬼を子ども達と一緒に追い払いました。

その後先生が、変装した2体の鬼が怒りながら入って来て、ケンカをしたり、泣いたり、イヤイヤすると子ども達はびっくりしてその様子をジッと見ていました。

中には、自分の事かなと感じている子もいました。

2歳児さんは、一人一人直したい事をおにと約束しました。

その後は、みんなで「おにはそとー」「ふくはうちー」と大きい声で豆の代わりのカラーボールを投げました。

豆まきで厄払いをして健康で元気に過ごせるように祈念しました。

最後に優しくなった鬼が登場するとホッとして笑顔になった子ども達でした。

また、お昼の給食では行事食をみんなで食べました。

とても喜んでおいしそうに食べていました。

平成30年2月2日(木)

3・4・5歳児がホールに集まり、豆まき会をしました。

節分の由来を子ども達と確認した後みんなで豆まきの歌を歌いました。

その後は、オニの的に向かってボールを投げをしました。ただ投げるのではなく自分たちで決めた今年一番頑張りたいことを約束してからボールを投げました。

自分たちで考えた約束だけあり、自信をもって発表していました。

鬼が怒って登場すると、子ども達の方から「去年約束をしたのを守れていないから鬼が怒って来たんだ・・・」

と涙ながらに話していました。

子ども達は、去年の約束をしっかり覚えていて守れていた子、守れていなかった子、それぞれ自分の言葉で鬼に約束をしていました。

約束をした後は、鬼と記念撮影。

そして代表の子は、みんなの約束の紙が入った箱を「頑張ります!!!!!」と言って鬼に渡していました。

最後は大きな声で「鬼は外~!!」「福は内~!!」と豆まきをしました。

もう来ないようにと、ヒイラギとイワシを飾り、豆まき会を終えました。

平成29年2月3日(金)

1階(3・4・5才児)と2階(0・1・2才児)とに分かれ、それぞれ豆まき会をやりました。

 

3・4・5才児は、自分たちが製作した鬼のお面をかぶり、ホールへ集合。

さくら組の子ども達は、朝からいつ鬼が来るかとソワソワしていました。ひまわり組の子どもたちは1階の豆まき会に参加するのが初めてなので、とても緊張した様子でみんなの前で「いじわるしない」や「せんせいのおはなしを聞く」などを約束しました。

さくら組の4・5才児は、去年鬼と約束したこと(自分の悪いところ、悪いところをどう直せば良いのか)を覚えているのか?きちんと守れているのか?をみんなで確認しました。

きちんと覚えていて、自分の悪いところを直すことが出来た子。

覚えていたけれど、直すことが難しかった子。

約束を忘れてしまっていて、直さなかった・直せなかった子。

がいました。

 

玄関から鬼が登場すると「きた。きた!きたぁ~!!」と逃げ、カーテンや友達や先生の後ろに隠れたり、「こわいよ~」と泣いてる子もいました。

そして、鬼も一緒に豆まき会に参加し、子どもたちは鬼の前でも一生懸命発表し、約束をしました。

約束をした後は、鬼と一緒に記念撮影。

そして、「鬼は外~!!」「福は内~!!」と元気に豆をまいて、自分たちの中にいる悪い鬼をやっつけました。

鬼が出て行ってから、また来ない様に入り口に、ヒイラギといわしを飾りました。

また来年に、つなげることが出来る様に、去年の約束事を見直し、今年は忘れないできちんと守れる約束を紙に書き、鬼のポストに出しました。

 

給食の時間には、行事に合わせた給食が出ました。

みんなうれしそうに食べていました。

 

 

0・1・2才児のたんぽぽ組でも豆まき会をしました。

まず初めに、パネルシアター「オニはどこいった?」を見ました。

その後、「豆まき」の歌を歌っていると、先生が変装した、イヤイヤ鬼・泣き虫鬼が登場!!

子どもたちはびっくりして固まっていましたが、みんなで「おにはーそとー!!」「ふくはーうちー!!」と大きな声で言いながら、豆の代わりのカラーボールを投げました。

次に、怖い怒りんぼ鬼がやってきたので、さぁ大変!!

隠れたり、泣き出したりする子もいました。

2才児は前日に「怖くても、頑張って豆(カラーボール)を投げる」「小さい子を助けてあげる」と約束していたので、約束どおり一生懸命ボールを投げて、鬼に立ち向かっていました。

小さい子なりに、頑張る姿を見て、成長を感じうれしく思います。豆まきで厄払いをして、1年間元気に過ごせると良いですね。